Saturday, July 25, 2009

How to install VMware Server 2 64-bit version on Ubuntu Linux

------------------------------------------------------------

Preface



ThinkPad T61 にインストールした Ubuntu Linux 8.10 desktop 64-bit version に、VMware Server 2 64-bit version をインストールした。作業を簡単にまとめておく。





------------------------------------------------------------

Installation



まず、いくつかパッケージをインストールする。

- build-essential
- linux-headers-`uname -r`
- xinetd

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install build-essential linux-headers-`uname -r` xinetd





上記のパッケージをインストールした後 VMware Server の 64-bit version をインストールする。次のページ :

http://www.vmware.com/products/server/

から対応する TAR フォーマットの VMware Server をダウンロードする。



ダウンロードした後、VMware Server をインストールする。

tar xzvf VMware-server-2.0.1-156745.x86_64.tar.gz
cd vmware-server-distrib/
sudo ./vmware-install.pl



いろいろ質問されるが、基本的に YES (つまり ENTER キーのみ押下する) で大丈夫だろう。自分の場合、Virtual machines のファイルを保存するディレクトリを、デフォルトの

/var/lib/vmware/Virtual Machines

から

/var/lib/vmware/VirtualMachines

に変更した。スペースが含まれていて、気持ち悪すぎるからだ。途中、ライセンスを入力するように要求されるため、VMware Server をダウンロードしたときにページに表示された key を忘れずに。



最後に、次のメッセージが表示されたら終了だ。

The configuration of VMware Server 2.0.1 build-156745 for Linux for this
running kernel completed successfully.


VMware Server をインストールした後、次の URL を Web ブラウザに入力し、ページを表示する。VMware Infrastructure Web Access のログイン画面が表示される。

http://localhost:8222/ui/
or
https://localhost:8333/ui/

デフォルトで、Linux アカウントの root と、root のパスワードを指定しログインする。ただし Ubuntu Linux の場合、root アカウントは無効化されているため、次のコマンドを入力し、root アカウントのパスワードを設定する。

sudo passwd root







------------------------------------------------------------

Known issues



新しく Virtual machine を作成し、64-bit version の ISO イメージを指定してインストールを開始すると """プロセッサが対応していない""" 的なメッセージが表示され、インストールできない。





------------------------------------------------------------

See also



VMware/Server/AMD64 - Community Ubuntu Documentation

No comments: